ニキビ跡のクレーターはケアできる?

ショック!ニキビ跡がクレーターになってしまった!

hyhyhyhyhyhyhyhyhyhyh

クレーター状態になったニキビ跡は、セルフで完治させるのは難しいと言われています。そもそも何故クレーターのニキビ跡が出来てしまったのでしょうか?

それにはニキビが発生していたときのあなたの行動にかかっています。ニキビを放置して、酷い炎症になってから、膿を出そうと無理やり出してしまったのなら、クレーターになっても仕方ありません。

本来膿を持ったレベルのニキビになると、皮膚科へ行ってケアしてもらうのが一番なのです。しかしやってしまったものは仕方ありません。

クレーターニキビ跡をなんとか改善、目立たなくする方向でケアしていきましょう。セルフでも目だないくらいにはすることが出来ます。

セルフで目立たせないことは出来ても・・・

まず、凸凹状態になってしまっているのは、肌の奥底までダメージが蓄積されているからです。ですから、肌の奥まで届くニキビ跡専用の化粧水なり使って、少しでも目立たないようにケアするのが先決です。また、肌のターンオーバーをどんどん促進させ、新しい細胞へ切り替えるようにします。

真皮までたどりついていない傷の場合だと、ピーリング効果のある石鹸や化粧水をたっぷり使ってケアすることで、傷が浅い場合のみ平坦な肌に戻ってくれることもあるのです。

真皮まで深く傷ついてしまった状態なら、皮膚科、美容外科でのレーザー治療しか凸凹跡を消すのは難しいと覚えておきましょう。

ですからニキビが出来たら出来るだけ早めのケアが必要なのです。もしオイリー肌でよくニキビが出来る、という人なら、ニキビ跡が出来ないためにもすぐに皮膚科で処方薬をもらったほうが良いでしょう。

ニキビ跡と言っても、いくつも種類がある

クレーター状のニキビ跡にはいくつか種類があります。アイスピックタイプ、ローリングタイプ、ボックスタイプと呼ばれるものです。

アイスピックは読んで字のごとく、アイスピックで突き刺したような先端が細くなっているクレーターです。真皮よりも深く傷を負っているという特徴があります。ローリングタイプはお皿のような陥没が見られます。

ボックスタイプは円形状になっており、浅いものや深いものなど様々なものがあります。このようなクレーター状のニキビ跡の場合、セルフケア出来るのは限られてきます。

肌の新陳代謝を促すくらいしかないと考えてもよいでしょう。そのため、外的治療をひつようとします。

kjhgfdfghjkjhgfd

セルフケアする方法は?

自力でクレーターニキビ跡をなくそうと思うのなら、ビタミンC誘導体の入った化粧水を使う、そしてピーリングを定期的に行うことで、肌のターンオーバーを促進させることがポイントです。

ビタミンC誘導体は特にニキビができにくくする肌を作ることができますから、デイリーユースできるものをチョイスしましょう。

コラーゲン生成を促すこともできますし、凸凹状態の肌の内部でもコラーゲンを作ることができます。ピーリングはあまり肌に刺激にならないようなものを使いましょう。

正常なターンオーバーを促進するために用いるので、週に1回程度使ってみるべきです。肌トラブルを防ぐこともできますから、セルフで凸凹状態の肌を治そうと思うのなら、このレベルしか対処のしようがありません。

外科的な治療って何があるの?

一般的にクレーター状になってしまったニキビ跡にはフラクショナルCO2レーザーというレーザー治療で治すことが出来ると言われています。 凸凹している箇所に小さなキズをつけ、傷口が自然治癒する際に、陥没した場所が元に戻るという […]

続きを読む

▲ページトップに戻る